育児ストレスで不眠や眠れない毎日の寝不足を改善

育児ストレスにより不眠で眠れない時はどうすればいい?

育児ストレスで不眠の毎日

 

育児ストレスから眠れない状態になり、不眠を引き起こす症状は多々あります。

 

寝不足の状態が続くことは、心身ともに負担が大きく辛いものです。

 

では、育児ストレスによる不眠を解消するには、どうしたら良いのでしょうか?

 

育児ストレスの不眠改善のため子どもを預ける

育児ストレスが原因で眠れない&不眠状態に陥っている場合には、育児ストレスそのものを解消して慢性的な寝不足にならないように気を付ける習慣が大事です。

 

育児ストレスを軽減させ、不眠や眠れない現状を改善するために大事なのは、「身近な人に頼ること」。
子どもを父親や母親、夫など身近な人に預けて、一人になる時間を持つ方法がおすすめです。

 

 

  • 子供を一緒に連れて出てもらい、あなたが家に残る方法
  • あなたが一人で外出をする時間を持つ

 

 

など、バリエーションも大事です。

 

不眠や、育児ストレスを軽減させ、身体がリラックスしている状態を長くします。

 

育児について相談する相手を作る

眠れないという不眠状態を引き起こす状態では、心身ともに大きな負担がかかっていると言えます。

 

育児について一人で抱え込み困っている現状。
この状況について、相談することができない環境が、寝不足や不眠を作り出していることがあります。

 

育児にとまどったり、つまづいた際には、誰かに相談をすることで発散につながります。
母親や夫、友人など身近な人で、寄り添った聞き方をしてくれる人がいれば、その人に相談することで育児ストレスは軽減できます。

 

身近にそういった人が思い当たらない場合には、育児相談などの窓口が設置されている市町村もあります。
そういった窓口を利用する対策もおすすめです。

 

[参考]子育てホットライン ママさん100番 | 日本保育協会

 

睡眠薬を処方してもらい不眠改善

育児ストレスによる不眠の程度が強く、眠れない状態の度合いによって、日常生活に大きく支障を来している場合があります。

 

その場合、睡眠薬を処方してもらい、睡眠の確保、不眠、寝不足の早期改善をすることも大事です。

 

睡眠薬は内科や心療内科で処方されますし、医師の指示通りに内服していれば、特に薬だからと心配しすぎることはありません。

 

深酒して眠ろうとする人もいますが、それよりも睡眠薬の方が安全ともされています。

 

もちろん、依存しないように医師の指導の元服用すべきです。

 

※2017年3月21日、厚生労働省は睡眠薬の製造販売業者へ「大量連用や長期使用による薬物依存の注意喚起」を添付文書に盛り込むよう指示しています。

 

[参考]【厚労省】睡眠薬などの添付文書改訂 長期使用避けるよう喚起

 

ただ、現状は抵抗する人の方が断然多いように思います。

 

そんな方には、健康食品に位置づけされている「休息サプリ」がおすすめです。
気になる方はチェックしてみて下さい。

 

▽公式サイトはこちら▽

8355

 

 

育児ストレスの不眠や眠れない悩み解決のまとめ

育児ストレスによる不眠の状態を解消するには、いくつもの方法があります。

 

また、育児ストレスで不眠や眠れない場合には、体が興奮状態。
この時、自律神経の内「交感神経」が活発化しています。

 

リラックス習慣を心掛け、交感神経と反対の「副交換神経」を優位にさせると、入眠がスムーズになると言われています。

 

あなたにどの方法が向いているのかを検討して、試してみてください。

 

トップページでは、育児ストレスにより過食になった私の体験談や激太りから解消された方法などを紹介しています。
育児ストレスから様々な症状で悩む女性が多いですが、過食が気になる方はぜひ確認してみて下さい。

 

育児ストレスの過食で太る


▲TOP