育児中の運動で簡単な方法

育児中の運動はみんな何してる?

育児中に運動する工夫

 

育児中の運動は、子供がいることで制限されますよね。

 

  • 家の中でできること?
  • 子供と一緒に?
  • やっぱり子供が大きくならないと無理かなぁ?

 

など、育児中も運動はしたいけど思ったようにできない人も多いと思います。
育児中のママさん達にアンケートをとってみました。

 

できそうな運動がらあればぜひチャレンジしてみて下さい。

 

育児中の運動不足はウォーキングで解消

私は育児中、完全母乳というのもあって誰かに預けて運動しに出かけるということができませんでした。

 

だったら子どもを連れてウォーキングしかないと思い、娘をベビーカーに乗せてどこに行くにも歩いて運動していました。

 

育児中だと、子供で精一杯で特に母乳だとすぐにお腹が空いてしまうので、よく、ちょこちょこ歩いていました。

 

今は2歳になり妊娠中ということもあり、また体重管理をしないといけない時期に入ってきているので、ウォーキングも含めて公園で娘と走り回っています。

 

妊娠中だから少しでも食べると増えてしまいますが、増えてしまいそうなときは夜ご飯で調整します。
白ごはんだけを抜いたり、野菜スープにしたりします。

 

朝とお昼はしっかり食べてまたウォーキングに子供と出かける、が、私の日課になっています。
遠くまで歩いたりすると今まで見えなかったものが見えたりするから楽しめます。

 

育児中は抱っこしながら筋トレと身体を動かす遊び

育児中は日々身体を動かしているのと授乳しているので劇的に太るということはなかったのですが、妊娠中についてしまったお腹や腰回り、太ももの辺りのぜい肉に悩まされていました。

 

妊娠中は激しい運動ができなかったので、出産後に育児をしながら運動できたらよいなと思っていました。

 

育児中は常に抱っこをしていることが多かったので、まずは子供を抱っこしながらできる筋トレを始めてみました。
子供を両手で支えて持ったまま上下に動かすと二の腕とお腹に力が入ります。そしてそのままスクワットなんかも加えてみると足も鍛えられます。

 

抱っこひもであやすことが多かった時期は抱っこひもをしたまま腰を前後左右に回して少しでもくびれを作ろうと努力していました。

 

その動きをすると面白いのか子供もご機嫌に楽しんでくれます。
好きなときに食事が食べられないことも食欲をおさえることができていたのではないかと思います。

 

育児中の屈伸運動でダイエット

育児中はなかなかまとまった自分の時間は取れません。
子供が寝ている間に急いでやるとすれば、たまった家事をこなすことですよね。

 

女性として気になるのは、やはり妊娠中に増えてしまった体重と、出産後のたるんだお腹です。

 

集中して運動する時間もなければ、日常の疲れがひどく、時間ができたとしても睡眠時間に回すことがほとんどでした。

 

育児中のどこかであやす動作兼エクササイズになることはないかな・・と意識していた時に気づいたのは、抱っこをして寝かしつけしている時の屈伸運動でした。

 

お腹にいた時の振動と似ているのか、抱っこして上下に屈伸するとすぐ子供は寝てしまいます。
この動作をする時に、少し内ももに力が入るように意識するだけで、簡単な運動になります。

 

もし余裕があるならば二の腕や下っ腹に力を入れるように意識すると知らない間に引き締まってくれます。
意識するだけで違いますので、ぜひやってみてください。

 

育児中の運動不足には、抱っこでスクワット!
わたしが実践している育児中の運動は、子供を抱っこしてのスクワットです。

 

育児中のお母さんは家事に育児に、寝不足に、と色々重なって、外に出る機会も少なくて、運動不足になりがちだと思います。
実際、私もそうでした。

 

産後で、まだ体の調子が戻っていないけど、育児中で時間もないけど、体型も戻したいし…。

 

なかなか外には出られないけど、育児中に「ながら」で出来る運動はないかな、と模索していたところ、子供を抱っこしながらのスクワット、これが本当に効きます。

 

骨盤の広がりもいい具合に元に戻りましたし、産後すぐから比べると、足もかなり筋肉がついてきました!

 

重たい子供を抱っこして、階段を上ったりするのも買い物に行くのも、本当に修行かな…と思うくらい辛かったのですが、子供を寝かしつけながら、グズる子供を抱っこしてテレビをみながら、スクワットをするだけでいい運動になると思います。

 

特別なことはしなくても、子供を抱っこするだけでも結構な重労働なのですが、更にそこにスクワットをプラスするだけで、ダイエットにも繋がるし、一石二鳥です。

 

育児中のハイハイ運動でダイエット

ハイハイ運動ダイエット

 

産後半年は運動をする時間もとれなくて、なかなか体重が落ちないでいました。

 

息子を連れてお散歩などはしていたつもりでしたが、育児中はなかなか時間もとれず、思った通りに過ごせない日も多かったので、体重はあまり落ちませんでした。

 

産後半年ぐらいたっても体重に変化がないため、これはまずいと思い、息子と遊びながらできる運動を始めました。
まずは、息子と対面で座ってのストレッチ。

 

これなら家の中でできますし、息子も遊んでもらってる感覚なのか楽しそうにしてくれました。
他には、やはり有酸素運動も大切だと思い、天気のいい日には朝と午後に息子とお散歩へ行きました。

 

息子のハイハイが始まると、家中を一緒にハイハイして遊び感覚で体を動かしていました。
食事内容も少し変えたりしましたが、一応産前の体重に戻す事ができました。

 

育児中は子供中心になるため、なかなかダイエットなど自分にかける時間を取る事は難しいですが、色々工夫すると子供と遊びながらダイエットはできるものだと思います。

 

運動は子供と一緒にテレビで体操

産後太り解消のために何か運動をしたい…。
ずっと考えていましたが、育児中の現在、ジムに通ったり、毎日ランニングをしたりはなかなか厳しいもの。

 

そう思いながら、毎日かかさずつけているテレビの子供番組を息子と共に見ていたら…。
朝と夕方、1日2回放送されている子供番組にはどれも体操のコーナーが設けられているではありませんか!

 

試しに踊ってみたのですが、小さな子供向けとはいえなかなかの運動量。
5分程度の体操でハァハァ肩が上がりました。

 

こんなに運動不足だったとは…と愕然としながらふと息子を見ると、体操のお兄さんと私を見比べながらニコニコと一緒に踊ろうとしていました。

 

それ以来、全ての番組で子供と一緒に本気で体操をしています。色々忙しい育児中、子供に邪魔もされずに楽しめるわたしなりの運動方法です。

 

育児中に子供と縄跳びや逆上がり運動

子どもが幼稚園や小学校に通っていると、夏休みや冬休みに、逆上がりや縄跳びの宿題が出ます。
大人になって、昼間に一人で公園に行くことはありませんが、子連れで目的があると一緒に運動できるので、育児中に公園に行くのが楽しくなります。

 

久しぶりに鉄棒で逆上がりをすると、目が回る事もありますが、子どもにどうやって教えたらいいのか、何回も回ってコツを教えるのも楽しいものです。

 

縄跳びも、初めは前跳び、後ろ跳び程度の宿題ですが、学年が上がると交差跳び、後ろ交差跳び、二重跳びと少しコツが必要になり、参考になればと子どもの目の前で飛んで運動しています。

 

昔は何回でも連続で跳べたはずなのに、なんだか体が重たく感じて思うように回数が飛べないと子どもの宿題なのに親がむきになってしまうこともあります。
育児中でも、親も公園で楽しく遊べる運動です。

 

スキマ時間で手軽に腹筋運動

私が実践している育児中の運動は、お腹ひっこめ運動です。
妊娠、出産を経てたるんだお腹を引き締めるためにやっています。

 

大体一秒間に一回くらいのスピードで、「やや力を入れてお腹を引っ込めて→戻す」動きを繰り返すだけです。

 

よくテレビの通販で電気で刺激して腹筋運動をしたような効果を与えて腹筋を割る器具を売ってますが、あれを自力でやる感じです。

 

育児中はなかなか本格的に時間を割いて運動することが出来ません。
これだと気が向いた時やちょっとしたスキマ時間にもさっと出来ます。
また、疲れたらすぐ休めるので気楽に続けられます。

 

私がよくやっているタイミングは、子供といっしょにテレビを見ている時や、お絵かきなどの遊びを見守っている時などです。
慣れると結構長時間出来て効果も目に見えてくるので張り合いがあります。

 

最近、独身時代のうっすら割れた腹筋が帰ってきつつあって嬉しいです。

 

もうすぐ子供が幼稚園に入園するので、顔はどうしようもなくても(笑)せめて体型くらいは整えたいです。
そして、出来るだけ綺麗なお母さんでいられるように頑張りたいです。

 

育児中の運動まとめ

育児中の簡単なストレッチ運動

 

育児中の運動不足を解消するには?
という意見を参考にしていただきました。

 

育児中も工夫すれば、子供と楽しみながら運動もできそうですね。

 

トップページには育児ストレスで過食した女性の体験談を掲載。
また、育児ストレスで過食中の方におすすめのダイエット方法も提案しています。

 

育児ストレスでひどい過食


▲TOP