育児ストレスの発散方法

育児ストレスを発散して毎日元気なママへ!

育児ストレスの発散方法を考察

 

育児ストレスを発散して、スッキリした毎日を送りたいですよね。
もちろん育児から逃げることはできませんし、生活の中で何とか工夫しないといけないのは大変です。

 

このページでは、育児ストレスに疲れたママさんがどんな方法で発散しているのか、体験談を掲載しています。
あなたの育児ストレス発散に役に立つ情報があれば、参考に実践してみて下さい。

 

育児ストレスは子供から少し離れて発散

育児から離れる

 

私は、育児のストレスを1日丸々子どもと離れることで発散しています。
旦那さんが休みだったり、祖母の都合が合えば、朝から1日子どもを見てもらって、私は1人で買い物にいったり、友達とランチにいったり、旦那さんと2人でデートに行ったりしています。

 

買い物をゆっくりしたり、友達と喋りまくったり、旦那さんとのデートで久しぶりに手を繋いで歩くと、ちょっとドキドキします。
いつもとまったく違う環境や気持ちになると、育児ストレスが発散でき、また頑張ろうと思えます。

 

子供から、完全に離れてしまうと、子供の事を冷静に考えて今何してるかなとか、会いたいなとかという気持ちになります。
育児ストレスなんか忘れて、早く帰って子どもに会いたいと思えます。

 

人に頼ることも大切だと思っています。

 

気持ちいいベビーマッサージで発散

育児中のベビーマッサージ

 

上の子の育児の時に夜泣きがひどくて、でもサポートしてくれる人がいない状態で毎日寝不足とイライラでストレスな毎日でした。
下の子の妊娠がわかってから、またあの日が始まるのかと不安でした。

 

そんな時にたまたま近所の幼稚園の先生がベビーマッサージ教室を開講すると聞き、夜泣きが軽減する効果がある事を聞きました。
ランチ付きのお試しベビーマッサージに参加し、外出できることで少し育児ストレスが発散できました。

 

初めてのベビーマッサージは大人のマッサージと違い、親子のタッチコミュニケーションでした。
私が息子に優しく触れる事でニコニコしてくれました。

 

歌も歌いながら触れる事で私もだんだん楽しくなり、育児ストレスや不安が発散でき、自然と穏やかな気持ちになれました。
生後2ヶ月に教えてもらったベビーマッサージ、今でも続いています。

 

私の育児ストレス発散法です。

 

育児ストレスはママの時間を大切して発散

育児はママ時間でストレス発散

 

育児ストレスの発散方法は、とにかく、子供とはなれて自分の時間を作ることです。
夫や両親の協力がない方でも、一時保育やシッターさんにお願いしてリフレッシュしてみてはいかがですか。

 

私は家事・育児に加えて仕事もやっているので、最初は色々と頑張りすぎてストレスがたまり、爆発してしまうことがよくありました。
子供のためを思って一生懸命しつけようとか、将来はこんなふうになってほしいとか、子供に対する期待や理想が高ければ高いほどしんどくなるんです。

 

もっと気楽に、「なるようになるわ」と身構えているほうが、育児ストレスは溜まらず絶対ラクです。
でも、こればっかりは性格なんですよね。

 

私はそんなに器用じゃありません。
だから、辛いと思ったら休む!もういやだ!と思ったら独身時代に戻ったかのような時間の過ごし方をしてみるんです。

 

美味しいものを食べながら好きな本を読んでみたり、夫と子供がでかけている間に家でドラマや映画を見たり。

 

そうすると心がスーッと穏やかになり、そのうち子供はどうしてるかな?会いたいなっと思うようになるんです。
こうしてリフレッシュすることで子供にも優しく接することができるので、本当に必要な時間なんだなぁと思います。

 

育児ストレスは子供を預け買い物で発散

育児ストレス発散に買い物

 

私は独身の頃から買い物が好きです。
毎日の育児に疲れてしまった時は、数ヶ月に一度旦那に休みをとってもらい、朝からゆっくり1人でショッピングに出かけるようにしています。

 

私の何よりの育児ストレス発散方法です。

 

時間を気にせず店員さんと話したり、試着をしたりして、服飾品を買うことが何よりテンションが上がり、育児ストレスは完全に忘れてしまいます。
帰宅後もしばらく買ったものを眺めながら「いつ着て行こうかな」、「どんなコーディネートしようかな」と考えるのが楽しいです。

 

そして次の日からまた頑張ろうという気持ちがわいてくるし、子ども達にもイライラしてストレスを溜め、八つ当たりせず、ゆとりを持って接することができるので私にとってはすごく良いことです。

 

たまには子どもとしばらく離れることも、お互いにとってメリットかなと思います。

 

長風呂と少しお高い入浴剤で発散

育児ストレスは、発散というよりはどちらかというと、おちついて解消すると言った感じが向いているようです。

 

子供と遊んでいると、それなりに運動して、モヤっとした、ストレスなら発散出来るので、夜はとにかくゆーっくり育児ストレスを解消する方向でお湯に浸かります。

 

お風呂も基本的に子供と入るのですが、ゆっくり浸かる時間を確保したい時は、パパに任せるか、子供が勝手に遊んでいてくれるようなおもちゃを湯船にたくさん持ち込んで、時間を確保します。

 

お湯に入れる入浴剤は少しお高い、アユーラとか、オーガニックブランドのハーブっぽいものとか、贅沢している気分になれるものをチョイスします。
これて、育児ストレスがじわーっと湯に溶け出していくのを感じ、明日も頑張れるのです。

 

お風呂掃除で心もストレス発散

子どもが産まれると、気軽に外出するのが難しくなったり…家の中で過ごすことも増えてきました。

 

日中、家に赤ちゃんと2人でいると自分が思っている以上に育児ストレスは溜まっているんだな…と、ふと感じることがあります。

 

何か家でもできる発散法はないかといろいろ試してみました。
私が一番発散できたのは、お風呂掃除です。

 

なかなか子どもが産まれてから、そばを離れると泣かれたり、動けるようになってからは後追いがひどくてゆっくり掃除もできなかったり…
元々潔癖症というわけではないのですが、お風呂の壁が汚れているのをみて、自分の余裕のなさに余計にストレスを感じました。

 

なので、休日限定ですが、主人に子どもを見てもらっている間に無我夢中にお風呂掃除をしました。

 

そのときは何もかもを忘れてただ掃除だけに専念できたので、とても気分転換になりましたし、綺麗なったことで気持ちがすーっと落ち着いたように思いました。

 

それから週に1〜2回、思いっきり掃除ができる環境を与えてもらっています。それが、私なりの育児ストレスとの向き合い方だと思いました。

 

発散方法はあえて子供との時間を作る

 

子供を育てるというのは楽しい事ばかりではありません。
子供の人数に関わらず、子育てしていれは育児ストレスはつきものです。

 

よく、育児ストレスを発散させるために旦那や回りに頼る、自分の時間を作る、などなど言われます。

 

私の場合、何に対してストレスを感じているのかを考えると、だいたい「子供達が言うことを聞いてくれない」「子供が反抗的」でもこれって、子供を1人の人間として人間関係に置き換えると当たり前の事なんですね。

 

子供達にも子供達の気持ちがあり、都合もあるのに、自分の気持ちを押し付けている結果、ストレスを感じている事が多い気がします。

 

なので、私は育児ストレスを発散させる為に、敢えて子供との時間を作ります。
1人ずつ連れ出して、一緒に映画を見たり、ご飯を食べたりしていると、自然に色んな事を話します。

 

私も楽しいし、何より子供とのコミュニケーションが取れて、2人とも笑顔になります。

 

1人の時間で育児ストレス発散

育児ストレスは1人時間で気使い無し

 

専業主婦で子供が小さいと、1日中常に同じ空間にいることがほとんどです。
自分の時間が全くなくなることが育児ストレスの原因だと思います。

 

私は出産してから5ヶ月間、働くこともできず毎日子守りだけの生活でした。
朝から夜中までずーっと泣いたらあやしてミルクをあげて寝かせての繰り返しでした。

 

そんな生活は少しの間だとわかっていても当事者はそういう考えはできません。
1ヶ月目で育児ストレスにやられ、心が折れそうになりました。

 

それを見兼ねてか、母からたまには1人で出掛けてきたら?と言われました。
母に預けて3時間程度でしたが買い物に行ってきました。

 

買い物中は1人を満喫したものの、子供のことがずっと心配で早く帰らなきゃという気持ちが出てきました。
家に帰ると、重いと感じていた子供の体がすごく軽く感じました。
たった3時間でも心はかなりスッキリして楽になりました。

 

今でも育児ストレスが溜まると信頼できる人に預けて1人で買い物に出掛けます。

 

育児ストレスの発散まとめ

育児ストレス発散の工夫

 

育児ストレスの発散方法を世間のママさんにヒアリングしてみました。
参考になる発散方法はありましたか?

 

育児ストレスと上手く付き合って、子供と笑顔溢れる生活を送ってください。

 

育児ストレスによって過食する女性が増えているそうです。
毎日の育児が大変で、ダイエットをなかなか実践にうつせない…。
お母さんの悩みは絶えませんね。

 

当サイトのトップページには、育児ストレスで過食や激太りを体験した女性の話や、家でできる簡単なダイエット方法などを紹介しています。
参考になる情報を掲載していますので、よければチェックしてみて下さい。

 

育児ストレスによる過食抑制


▲TOP