育児ストレス 夫にしてくれたら嬉しい事

育児ストレスが夫の気遣いで少し解消!

夫と育児ストレス解消

 

育児ストレスで夫に当たることが多いとよく聞きます。

 

また、育児ストレスを感じているあなたを、夫に助けてほしいと思うことがありませんか?
もちろん育児は夫婦の助け合いで成り立つものです。

 

友人とこの話になった時に、夫は子煩悩で子どもの面倒をよくみてくれて助かっていますが、365日びっちり子どもと一緒にいると煮詰まることがあると…。

 

また、子どもに優しい夫でも、自分には機嫌が悪く厳しかったりすると、育児ストレスの悩みに加え、家庭内の雰囲気や夫婦関係も上手くいきませんよね。

 

ストレスを感じているときは暗い環境なので、できれば夫の方から楽しい環境を作ってくれたら理想です。

 

私の考えは、育児ストレスでイライラしていても、大きな心で受け止めて優しい言葉かけてくれたり、面白いこと言って笑わせてくれたり、ちょっとした夫の工夫で、環境も明るくなるのかなと思います。

 

夫の性格や仕事の忙しさによって、各ご家庭なかなかうまくいかないことも多いかもしれません。
そんな毎日が続くと、育児ストレスや夫へのイライラが積もりに積もりますね。

 

このページでは、育児ストレス中のママが夫にお願いしたいことを体験談と共にまとめてみました。
ぜひ参考に読んでみて下さい。

 

育児中の夫の心遣い

我が家には二歳の子供がいます。
私の夫は比較的生地には協力してくれている方だと思いますが、やはり子供と一日中家にいると育児ストレスが溜まります。

 

特に今はイヤイヤ期の二歳、あれも嫌、これも嫌、自分でやりたい、思い通りにいかないと暴れて泣きます。
夫が仕事中に子供がイヤイヤモードになると育児ストレスが大変です。

 

夕飯の支度がしたくてもできない時もあり、ストレスが溜まります。
そんな時は夫には子育てで忙しい中、準備した夕飯のお皿をテーブルまで持っていって欲しい、それだけでも一瞬だけ心が休まります。

 

トイレに行ってトイレットペーパーを使い切ったら新しいトイレットペーパーをホルダーにつけておいて欲しい、それだけでも心が休まります。
ちょっとした夫の心遣いで育児ストレスは楽になります。

 

育児ストレス中に夫が手伝ってくれたら…

夫に半日〜1日子供を預かってもらい、一人の時間をくれたらよいです。
なかなか子供がいるとゆっくりご飯、お茶、買い物もできません。

 

いま一番したいのは、のんびりカフェでも行きたいです。
あとは家でくつろいでいるときに育児ストレスを聞いてくれるだけでいいです。

 

私の夫は普段相談するとよく反論になり、余計にイライラしてしまうので、反論はいりません。
あとは、休みの日にさりげなく家事を手伝ってくれたりするとうれしいです。

 

洗濯を干すのだったり、お風呂掃除だったり。

 

会社はお休みがあっても主婦はお休みがありません。
たまには一日お休みがほしいです。

 

面倒な食器洗いはなおうれしいです。
二人子供がいるので、毎日家事と育児ストレスに追われています。

 

「育児」を夫に実践してほしい

育児を実践する夫

 

自分が育児ストレスに悩んでいるとき、夫に一番手伝ってしてほしいことは育児をかわりにやってくれること。

 

育児ストレスで悩んでいるので育児が少し楽になったり、育児から離れる時間が少しでも増えれば、育児ストレスによる悩みは軽減すると思います。

 

そのため夫にはすべてかわりにやってほしいとは言いませんが、

 

  • 早く帰って来てお風呂に入れる
  • 寝かしつけをやってくれる
  • 夜寝る前に遊んでくれる
  • 休みの日は早く起きて子どものお世話をしてくれる

 

など、日々自分がやっている育児を少しでもかわりに自らやってくれるだけで充分。

 

育児の負担が減るとともに、人がやっているのを見ると自分も冷静にその活動を見れます。
ストレスに感じるほどいっぱいいっぱいになることは減るかなと思いました。

 

また、育児ストレスが溜まるのは、今まで1人暮らし、夫婦2人暮らしのときには出来ていた炊事、洗濯などの家事が中途半端になってしまうからです。

 

子供が嫌いなのではありません。
子供が可愛くないのではありません。

 

子供の世話に時間的拘束を取られて、今まで完璧に出来ていたことが出来ていなくなった不便さ、不甲斐なさ、自己嫌悪でイライラしてしまうかなぁと思います。
それを育児ストレスの一部なのかなと。考え方次第ですかね。

 

オムツを替え、ご飯を与え、寝かしつけてる間に仕事を片付けようと思うのですが、ちょっと目を離すといつの間にか起きてきて、モノを壊す、こぼす、食べ物ではないものを口に入れる、高いところに上ろうとする等など大変です。

 

  • 子供につきっきりでやるべき作業が片付かない
  • トイレに行きたくてもいけない
  • お風呂に入るヒマもない

 

30分でもいいから子供の世話を夫にしてくれたら、ハッピーです。

 

育児でやってほしいことを汲み取って!

私が育児ストレスを感じている時に夫にしてほしいことは「やってほしいことを汲み取って!」ということです。

 

赤ちゃんが泣いている時に母親は真っ先に駆け寄り「おっぱい?」「おむつ?」など考えます。
しかし夫は違います。まず母親の行動に任せていると思います。

 

母親は24時間365日休みなしの無給です。
夫はお仕事がお休みの日、家事や育児を協力し合うのが夫婦の理想だなぁと思います。

 

夫には「おっぱいは出ないけどオムツなら替えられるよ。」なんて冗談も交えながら同じように赤ちゃんに駆け寄って欲しいです。

 

夫、妻の肩書き関係なく一緒に授かった我が子を協力し合って育児したいですね。

 

育児ストレス中は夫に何か1つだけしてもらう

初めての育児でわからない事だらけ、初めての事だらけで毎日、24時間いっしょに子供といてひと息つけるのは夜寝た後の数時間です。
月齢が低い時はほとんどゆっくり寝ることも出来ずに寝不足の毎日です。

 

そんな時に夫からひと言でもお疲れ様、ありがとうの言葉があるとママとしての自覚も持てますし、育児ストレスで張り詰めた気が楽になります。

 

肩もんでくれたり、洗濯物をたたんでくれたり、お風呂掃除してくれたり、どれか1つでもしてくれたら助かります。

 

平日は夫もお仕事頑張って帰って来るので特に求めませんが、休日には手伝ってくれると嬉しくなります。こっちも感謝の気持ちが出てくるので夫婦仲も良くなると思います。

 

沢山の事をしてほしいとは思ってませんが、何か1つ、小さな事でもしてくれると助かります。
1番近くにいる夫に理解してもらえること、認めてもらえること、褒めてもらえること、助けてもらえることが1番嬉しく、育児ストレスには効くんです。

 

育児ストレス解消に自由時間が欲しい

育児ストレス中、夫にして欲しかったことは私の自由時間を作って欲しかったです。

 

子供の夜泣き寝ぐずりがひどく夜寝る前も1時間ほど泣き、やっと眠ったと思ったら一時間ごとに夜泣きし、昼間は二時間眠ってくれればいい方でそんな時はありがたかったです。

 

二時間眠ってくれても山のような家事が待っているので仮眠をとることもできず、お風呂も子供が泣くと夫に呼ばれるためゆっくり浸かることもできなかったです。

 

トイレタイムが唯一の自分の自由時間かと思うと悲しくなりました。ヘトヘトでは気持ちに余裕もなくなり、笑顔さえ忘れてしまう。

 

気晴らしの自由時間や休息は本当に必要だと思いました。
夫の家事への協力や育児への参加があったら育児ストレスもそんなにひどくなかったかもしれないです。

 

育児ストレスと夫への希望まとめ

育児ストレスと夫の活躍

 

育児ストレス中の夫へ希望することって、沢山ありますよね。
ただ、希望を多くぶつけてしまうと、夫もイライラ。

 

育児ストレスと夫との関係は落ち着いて解決していきたいですね。

 

育児ストレスが原因で過食をする人が多くなっているようです。
そんな女性の体験談やダイエット方法をトップページでまとめています。
育児ストレスによる過食について気になる方は確認してみて下さい。

 

育児ストレスの過食を解消


▲TOP